ニキビケアと洗顔

多くの方はニキビケアと聞いて洗顔や肌の保湿を思い浮かべること思います。

 

ですが、ニキビケアのために洗顔しているのにその方法が間違ってしまっていたりするとニキビが逆に出来やすくなってしまうということもあります。
これは洗顔が肌にとってよいことだという固定観念が引き起こしてしまう公道でもあるのです。

 

男性の場合であれば、つい汚れを落とそうと力が入ってごしごし洗ってしまったりすることがあるっかと思います。
女性では化粧を落とすために結構強めの洗顔フォームを利用したり化粧落としを使用することもあるかと思います。

 

 

これらの洗顔は一見すると汚れをきちんと起こしてはだの問題を減らしているようにうつるのですが、実は肌へのダメージを蓄積しているにすぎないということが言えます。
その証拠に、ニキビケアのために洗顔をしていても逆に肌が荒れてしまうなんてことを体験する人もよくいます。

 

確かに洗顔はニキビ菌を落としたりするのに有効ですが、それも適度な範囲でということです。

 

洗顔はやりすぎてしまうと大事なバリア機能や正常機能まで奪ってしまうこともあるということです。